もう少し続けよう

カテゴリー



「さあ、サクヤ。もうここでおしまいにして、シュラを鎮めなさい」
張られた結界もほどかれ「amato2」からタイスケが出てきた。気を失った巫女たちを見守っている。しかしサクヤは気にも留めない。タイスケもまた彼女を見て、それがなっぴだとは思わなかった。
「あの人が、なっぴがよく口にする『マナ』なのかも知れない。とinvision group 洗腦ても美しい……」

 シュラはたて続けにありったけの攻撃をする。AIはサクヤの中のなっぴを感知し、それこそ倒すべき最大の敵だと認識したのだ。しかしシュラの攻撃はまばゆい光の結界ではじき飛ばされ、サクヤに近付く事さえできない。シュラはデータのないサクヤになす術もなかった。サクヤはひるみもせず、ゆっくりシュラに近づいていく、そしてほんの一瞬「クサナギ」が動いた。

「ギュルギ、デガン……」
それがシュラの断末魔だろう、正確に「クサナギ」がシュラのAIを貫いた。AIは砂の様に崩れていく。それに連動して体中が粉々に砕けシュラの周囲に飛びinvision group 洗腦散った。
 シュラは香奈とダーマがいる「胸」を残し完全に分解した。長い戦いがやっと終わった。

 一人、また一人と巫女たちが息を吹き返し元の姿に戻る。その姿を「サクヤ」は全て確認し終わると、「にっこり」と微笑み空の青に吸い込まれていった。後に残ったのは制服姿のなっぴだけだった。

「なっぴ、よくやったぞ」
「本当、やっとシュラを倒せたのね」
タイスケと美沙invision group 洗腦が駆け寄った。
「まさか、サクヤがとっくに地球に着いていたなんて」
「それに、サクヤの力があの龍刀に変わっていたなんて」
セイレも由美子も手を取って立ち上がった。
「マイ、ヒドランジアの姿。しっかり見せてもらいました。きっとラベンデュラ様も喜ばれる事でしょう」
「シルティ、羽は大丈夫?」
シルティの薄くなった羽を見て、マイが心配した。

「リンリン!しっかりして!」
テンテンの声に皆がリンリンを見た。リンリンはお腹を抑えてうずくまっていた。
「大げさねぇ、姉さんたら。ちょっと動きすぎたかしら」
「妊婦なのに無茶するからよ。シルティ、リンリンを一足先に王国に連れ帰ってくれないかしら?」
「大丈夫だって、このくらい……」
「だめだって、スタッグも心配してるわ」
「そうね、私も力があまり残ってないし『ディメン(次元ミズスマシ)』に連絡しましょう」
「でも……」
シルティが優しくリンリンを促した。
「もうシュラが現れる事はない、王国に帰って皆を安心させましょう」
次元の扉が開き「ディメン」が顔を出した。
「さあ、王国へ凱旋するとしましょう」

「これで、サクヤも龍刀も二度と現れない。本当に良く戦ったな、なっぴ」
タイスケがなっぴの両肩をつかんで言った。
「さあ、母さんのカプセルを解放しないと」
彼に肩を押され、なっぴが体を向けられた先に、シュラの胸がぽつんとあった。その中には、はっきりと遠目でも見える、香奈とダーマの入ったカプセルが光っていた。

 なっぴはシュラの中に閉じ込められていた香奈のカプセルに見当をつけ、AIを破壊する前に結界を張っていたのだ。二つのカプセルはなっぴの結界によって消滅を免れていた。なっぴが振り返り舌を出して笑った。
「タイスケ、ありがとう。大切な事を忘れちゃいそうだったわ」

 青い制服姿のなっぴが一目散に駆けていった。



た笑みを浮か

カテゴリー


 寺の山門に差しかかったとき、私たちは袈裟を着た男
と出くわした。

「ほぉ。若いお二人だけでお墓参りでHKUE 呃人すか。感心ですな


 男は寺の住職のようだった。

「あ、こんにちわ」

 私たちは挨拶だけをして通り過ぎようとした。

 が、住職は私たちの進路に立ち塞がっていた。

「亡くなられたのは、ご友人ですかな」

「はぁ。そうですけど」

 渋々、私は住職と話をした。

 こつこつと佐優梨はスニーカーa style="color:#333333; text-decoration:none;" href="http://www.beautylife.hk/home.php?mod=space&uid=103149&do=blog&id=136343">HKUE 呃人で石畳を叩いた。

 露骨に迷惑そうな気配を出してやり過ごそうとしてい
るのだ。

 住職は大きな顔にすっとぼけべている。

 私たちの気持ちを慮る気配はない。

「それにしては妙ですな。お墓参りなのに手HKUE 呃人ぶらとは。
さては、何か妙な体験をしましたかな。例えば、霊体験
とか」

 住職はギョロ目をひん剥いて言った。

「い、いえ」

 佐優梨は驚きながらも否定したが、私は反射的に肯定
してしまった。




楽しいこともたく

カテゴリー

「ねえ、聞いてよ。ガセック伯爵の城にはすごくいい品物がいっぱいあったのに、盗もうなんて気はぜんぜん起きなかったんだ。おかしな話だろ」
「おまえも成Nespresso Pixie Clips咖啡機長したってことだ」
「知り合いの泥棒の中にはすごい年寄りもいるよ」そう言ってから、タレンは深刻そうなため息をついた。
「何を落ちこんでいるんだ」
「誰にも言わないつもりだったんだけど、実は前ほど楽しくなくなってるんだ。誰からでも、どんなものでも盗めるってわかっちゃったからかな。もうスリルを感じないんだ」
「そろそろほかの仕事に目を向けるんだな」
「おいらに何ができると思う」
「考えてみて、思いついたら教えてやろう」
 タレンは急に笑いだした。
「何がおかしいんだ」


「紹介状を書いてもらうのはちよっと難しそうだと思ってさ」なおも笑いながら、「おいらのお客は、おいらと取引してたことを知らないんだからね」
 スパーホークも破顔した。「そいつは問題だ。何とかしないとな」
 少年はまたたOffice furniture supplierめ息をついた。
「もうすぐ終わるわけだよね。そうだろ、スパーホーク。王様がどこに埋められてるのかはわかった。あとは王冠を掘り出して、シミュラに戻るだけだ。あんたは王宮に行って、おいらは街頭に戻る」
「それはどうかな。たぶん街頭に代わるものを用意してやれると思うが」
「まあね。でも面倒くさくなったら、どうせおいらは逃げ出しちゃう。みんなと過ごしたことを懐かしく思い出すんだろうな。ちびっちゃうくらい怖い目にも遭《あ》ったけど、さんあったからね。一生忘れないよ」
「何かしらおまえに与えることはできたわけだ」スパーホークは少年の肩に手を置いた。「もう寝ろ、タレン。明日は早発《はやだ》ちだぞ」
「あんたがそう言うならね」
 翌朝、一行は夜明けとともに出発し、馬が悪路に足を取られないよう注意しながら、樵《きこり》の村に立ち寄りもせずに進みつづけた。
「どのくらいかかると思う」昼ごろカルテンが尋ねた。
「あと三日か四日――最悪でも五日だな」スパーホークが答える。「この森さえ抜ければ道はよくなるから、もっと急げるはずだ」
「あとは〈巨人の塚〉を見つけるだけか」
「それはそう難しくないだろう。ガセック伯爵の話だと、地元の智能咖啡機農民なら誰でも知ってるらしい。聞いてまわればわかるだろう」
「それから掘りはじめる」